人気のSNSサイトランキング

SNS 出会いの画像2008年にiphoneが発売され、爆発的なヒットを生み出しているSNSアプリ。FacebookやTwitter、LINEなど誰のスマートフォンにも必ず一つはインストールされている事でしょう。

皆さんはSNSが何の言葉の略で、どのようにして日本に広まったか知っていますか?

よく聞くようになった言葉だが、何となく利用していたという人もいるのでは無いでしょうか。

SNSはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、今まで絶対に知り合う事のなかった人達が新しいコミュニケーションを始めることが出来るサービスなのです。

今までは見つけにくかった趣味での仲間や素敵な恋人を見つけたり、仕事にも役立つ情報などを知ることもできます。

さて今回このサイトでは、SNSの歴史やSNSを通して簡単に出会いを見つける方法などをご紹介していきたいと思います。

SNSの始まりと歴史

2017年現在日本国内でもSNSは広まっていますが、最初は海外ほどの人気がありませんでした。海外では1997年頃から広まり、本格的に浸透していったのが2002年頃だと言われています。アメリカの大手会社Googleが開発した「Orkut」が爆発的な人気の誇り、2003年頃に日本でも一部のIT関係者の間で広まりました。

海外でSNSが誕生してから8年も遅れて日本で広まった理由は、基本的なサービスが英語ベースで、日本語に対応していなかったのが最大の原因と言われております。日本語に対応した海外のSNSサービスが普及したのは2008年に日本語対応され話題となった「Facebook」が始まりです。それまでは海外とは違った日本独自のSNSが流通していました。

日本独自のSNSとは

日本では2002年に「myprofile.jp」がスタートされました。その2年後の2004年から株式会社イー・マーキュリー(現:ミクシー)の「mixi」や田中良和氏の個人運営による「GREE」などが日本国内でのサービスを始めたことにより、日本でもSNSが普及し始めることになります。

ただ、サービスの開始当初は誰でも利用できるというものでは無く、招待制を採用していたために普及の速度はそれほどでもありませんでした。その後、招待制をやめて誰でも気軽に利用できるようになったことで、利用者は一気に増えることになりました。

日本で海外のSNSが広まった理由

2017年現在の海外の日本向けSNSサービスの利用者は人口全体の6割りを超えています。ではなぜここまで海外のSNSサービスが日本で流通しているのでしょう。その一番の理由として挙げられるのは、「世界中の人と繋がることができる」ことではないでしょうか?

日本国内のSNSサービスが爆発的に広まった理由も、見ず知らずの人と共通の話題や趣味で盛り上がり仲良くなれるという点です。それが日本にいながら海外の友人や有名人ともSNSで繋がることができるようになり、そこにユーザーが移動していったのです。

これまでは趣味や思考のあった人達だけの交流や、情報交換の場として利用されてきたSNSですが、海外の文化や流行りなども取り入れていきたい若者が増えた事から日本のSNSサービスは衰退していったものと考えられます。

複数のSNSを利用するメリットとは

SNSは一つだけを選んで利用している人もいますが、複数のサービスを併用している人もたくさんいます。サービス毎に特徴があるため、目的に合わせて使い分ける事が出来るのです。

私の場合は、FacebookとTwitterのアプリをインストールしているのですが、Facebookは身近な友人や家族・会社の人達など日常的に繋がりのある人達とのコミュニケーションの場として、Twitterでは好きな有名人や特定の趣味をもった人たちとのコミュニケーションの場として使い分けています。

SNSでは、年齢を問わず老若男女全ての人と繋がる事も可能ですし、多くの事を学ぶ事もできます。複数のSNSを使う事により、様々なコミュニティーの場を使いわける事ができます。最近の若者は用途によってSNSを上手に利用しているようです。

SNSで出会いを求める若者が増えた理由

若者が増えた理由の画像
最近は気軽にSNSを利用できるようになった事で、異性との出会いを探す若者が増えてきました。米国では、インターネット・マッチングサイト「eHarmony」が行った調査によりますと、2005年~2012年に結婚した19,000人以上のなんと3/1は、オンラインを通して知り合い、そのうちの約20%(1,300人)がSNSを通して出会ったという調査結果が発表されています。

また、オンラインで知り合って結婚したと言う夫婦は離婚率が少なく、結婚生活にもとても満足しているそうです。

[出典]「ネットで知り合って結婚」は全体の1/3、離婚も少ない:米調査

出会う方法が多様化してきた現代社会では、ネットを利用した出会いが増えてきているようです。ではなぜSNSはここまで出会いを探すツールに発展したのでしょうか?

SNSは出会いが見つけやすい?

男女が出会うきっかけと言えば1960~1980年後半までは、「お見合い」が普通でした。ですが、1990年代前半からはお見合いによる出会いが激減し、合コンや職場での出会い・友人の紹介などを通しての出会いが増えていきました。

お見合いがすたれた経緯
[出典]日経ビジネス

2000年代前半になると、SNSの普及により、インターネットを通して出会いを求める人も増えてきました。ですがネットの出会いと聞くと出会い系サイトのイメージが強く抵抗感を持っている人が多いのも事実です。

年齢が上がるにつれてネットでの出会いを避ける傾向が多いようで、30代では10人に1人しかネットでの出会いを見つけた人がいませんが、20代になると約4人に1人がネットを通して出会っています。この話を聞く限り若い人はネットでの出会いにそれほど抵抗感を抱いていないのが分かります。

ではなぜ若者はSNSで出会いを見つけているのでしょうか?SNSでは相手の顔写真や投稿の内容など、第一印象に繋がる情報が多く掲載されています。「この男性・女性の事がちょっときになるかも」と一目ぼれから恋が始まったり、住んでいる場所や共通の趣味があると知って、「ちょっと話してみたいな」などと興味がわくポイントなどが分かったりします。

リアルで出会う際も同じではないでしょうか?顔がタイプだったり、雰囲気や趣味が合うなどの理由から恋が始まると思います。SNSでもメッセージが送れたり、チャットや通話もできたりする事などもできます。

リアルもSNSも出会うキッカケは同じです。ですがリアルで、出会える人数はどうでしょうか?せいぜい職場や友人の紹介などを含めても、一年に出会える規模で言うと5~10人が限界ではないでしょうか?

その点、SNSでは出会える規模やコミュニティーの種類の豊富さなどが圧倒的に違います。日本のSNS利用者数は6,451万人と総人口の65%まで普及しています。

日本におけるSNS利用者数
[出典]ITC総研

今までは出会う事のなかったであろう人達とのコミュニケーションがとれることがSNSの最大のメリットといえるでしょう。では実際に、SNSを利用して出会いを見つけた人の体験談を少しだけご紹介したいと思います。

SNSを利用した口コミ体験談

N.T(20代)N.T(20代)

評価:
Twitterで同じ趣味の人がいて、その人はいつも活発に情報発信をしてくれていました。それがとても役に立つのでフォローしていたのですが、いつの間にかその人にも興味を持つようになっていました。私の方から直接会ってお話ししたいと誘ったのがきっかけで、付き合うようになりました。

H.K(20代)H.K(20代)

評価:
Instagramでよく美味しそうなお店の料理をのせている人がいて、私もそういったお店で食べたいと思ってました。ですがそんな余裕はないので写真を見てばかりいたんです。あるときどうしても食べたい料理が載っていて、そのお店について詳しく教えてもらおうと思って連絡してみたんです。そうしたら他の話でも盛り上がり、結局はその人が連れて行ってくれる事になって最高の出会いになりました。

Y.W(30代)Y.W(30代)

評価:
Facebookで学生時代に好きだった女性を何人か探したら、一人だけ見つけることが出来ました。最初はそのまま見てるだけにしようかとも思いましたが、投稿を見ていると会社が近そうだったのです。連絡をして仕事終わりに会えないかって誘ったら、懐かしんで会ってくれるようになりました。最初は付き合うとか考えてませんでしたが、お互いに仕事の愚痴を言い合ったりしながら徐々に意気投合という感じになったんです。お酒の勢いもあって昔好きだったことを伝えたら、今はどうなのって感じになり、なんと付き合うことになったんです。
思い切って連絡をして良かったです。

SNSは出会いのキッカケを作る場所

SNSを利用している人で、誰しもが出会いを求める人ばかりではありません。情報収集や知り合いとのコミュニケーションの場として利用している人がほとんどだからです。

ですから出会いを求めていない人に急に近づき、アプローチをかけても上手くいくはずがありませよね。SNSを通して実際に出会い恋をして、付き合うまでには長い時間がかかるものです。SNSでのトラブルもここ最近ではニュースなどで聞くことも増えているので、そのようなトラブルに巻き込まれないためにも慎重な行動が必要になってきます。

全く知らない人と友達になるわけですから、まずは自分がどのような人間なのかを知ってもらい、信頼してもらう事が大事です。お互いの趣味の話やどんな性格で、どのような仕事をしているかなど、他愛のない話から少しずつ距離を縮めていくことで信頼は生まれるものです。仲良くなってお互いの事をよく知る事ができれば、恋愛関係に発展していく可能性もあるでしょう。

上記の体験談でもあるようにSNSは出会いを見つけるためのキッカケでしかありません。そこから先は、お互いの関係性が大事になってきます。ですが出会いのキッカケすらもどのように作ればいいのかわからない方も多いでしょう。そのような方の為に、「SNSで出会いのキッカケを見つける方法」をご紹介しています。

大手の無料SNSアプリから自分に合った出会いを見つける方法

無料SNSの人気は高く、いくつものサービスがどんどんと増えてきています。その中でも利用者の多い大手のアプリに関しては、どのような違いがあるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。マイナーな無料SNSアプリもありますが、まずは大手の中から自分に合ったものを見つけるのがオススメです。

LINE 出会いを見つける方法

lineLINEは日本国内での利用者が多く、独自の機能であったスタンプによって人気がでました。文字では無くスタンプによってやり取りが出来るので、見ていて楽しいコミュニケーションが出来るのです。使いやすいスタンプを用意しておくことで、文字を打たずに返事をすることも出来ます。

LINEを使っている人同士で独自のグループを作ることが出来るので、最近は学校や会社での連絡手段として使われることも増えているのです。グループ以外の人には友達として登録してあっても内容は見えないので、個人的な連絡などにも使える便利なSNSになっています。

LINE公式はコチラ

Facebook 出会いを見つける方法

FacebookSNSでは自分の本名を使って利用しなくても登録できるものが多いのですが、Facebookは実名で登録することが必要になります。ですから最近は連絡をしていなかった知り合いを検索で見つける場合があるなど、懐かしい出会いのきっかけになることもあるのです。

投稿する記事には公開範囲を設定することが出来るので、誰にでも見てもらいたいものは多くの人に公開しておくことが出来ます。ですが友達のみの設定にしておくことで、仲間内のコミュニティーだけで共有して楽しむことも可能です。実名での登録が必要なものの一般の人だけではなく、企業などが商品や広報活動の一環としてFacebookを持つこともあります。

Facebook公式はコチラ

mixi 出会いを見つける方法

mixi日本国内でのサービス開始が早かったことから、以前は利用者が多かったSNSがmixiです。最初は招待制を採用していたこともあり、利用を始めるためには面倒な部分がありました。それが無くなってからは一気に利用者が増えたものの、海外でサービスを展開していたSNSが日本でも正式にサービスを開始したことにより、徐々に人気が衰えて来ています。

最近でもmixiを利用している人はいますが、昔から続けて利用している人が多いようです。新たにmixiを始めようとするのは、他のSNSに疲れてゆっくりと自分のペースで利用したい人が多くあまりいないのが現状です。mixiゲームのようにゲームが充実しているのが、他のSNSとの違いになります。

mixi公式はコチラ

Twitter 出会いを見つける方法

TwitterTwitterは有名人の利用者が多いだけではなく、世界中でサービスが提供されているので多くの人たちが利用しています。リツイートという機能があることで話題が広がりやすく、ここでの投稿がきっかけになってブームが起こることもあるのです。複数のアカウントを作ることが出来るので、いくつかのアカウントを使い分けている人もいます。

投稿は簡単な短い文章が中心になりますが、写真などの投稿も出来るようになっています。専用のアプリを利用することにより、スマホからの利用も便利になっているのです。スマホで撮影した写真と共に投稿が出来るので、スマホ利用者にとっては便利なSNSになっています。

Twitter公式はコチラ

自分に合った無料SNSアプリを使ってみる

無料SNSアプリは大手だけでもいくつものサービスがあり、それぞれに違った特徴を持っています。その中で自分が使いやすそうなものをまずは選んで、とにかく始めてみるのが良いかもしれません。慣れてくればいくつかのサービスを併用することも出来るので、最初からどのSNSを利用するかあまり真剣に考えすぎる必要は無いのです。

上記で紹介した無料SNSアプリ以外にも沢山無料SNSアプリは存在します。その中でも男女別で人気のSNSアプリをまとめてみまた!ぜひ一度参考にしてみてください。

2017年人気の無料SNSランキング

SNSを探しているけどなにか面白くて、色んな人と友達になれるSNSってないかな~?でも探すのはめんどくさいな~!

そんな人の為に2017年の今だからこそご紹介したい面白くて無料で使えるSNSアプリをランキング形式でご紹介したいと思います。

定番のSNSアプリから変わったオモシロSNSまで様々なSNSアプリを取りそろえたので、参考までにご活用ください。

  1. カカオトーク

カカオトーク公式画像
[カカオトークが人気の理由]
複数人の音声通話[グループトーク]が最大の人気のカカオトーク。iPhoneやAndroid端末同士での会話が可能でお家にいながら沢山の友達とワイワイ楽しめるのはカカオトークだけ!離れて暮らしている家族と一緒にいるかのような会話や拠点の離れている場所での社内会議が簡単にできます。また[ボイスチェンジャー機能]が搭載されていますので高い声にしたり低い声にしたりなどして笑いをとることも出来て楽しめると人気です。

会員数 900万人
年齢層 20代~30代
登録方法 登録制
主な機能 トークルーム・無料通話・ボイスメール・グループチャット・カカオゲーム
公式サイト http://www.kakao.co.jp/

[カカオトーク口コミ情報]

N.Y(20代)N.Y(20代)

引きこもりがちな生活を送っていた私が誰かと繋がりたいと思いネットでSNS関連のサイトを見ていたときに見つけたのが、カカオトークでした。人見知りで最初はうまく友達を作ることができなかったのですが、何人か同世代の人からメッセージをいただき徐々に交流をとるのが楽しくなってきました。

色んな人とグループトークをする中でアドバイスや勇気をもらい今では、引きこもりをしていた私が外でもすんなりコミュニケーションをとれるようになりました。本当にカカオトークで出会えた人達には感謝しています。

  1. モバゲータウン

モバゲータウン公式画像
[モバゲータウンが人気の理由]
アバタ―[仮想空間のキャラクター]を使った最初のSNSとして人気のモバゲータウン。モバゴールドという仮想通貨を利用してアバタ―を購入することができ、自分好みの服装や顔を選んで世界に一つのキャラクターを作れることがユーザーが増えた理由となっております。またアバタ―のほかにも無料ゲームが豊富なのも人気の一つとなっております。DENAが運営しているのもあってCMなどでも広告を打ち出している[GRANBLUEFANTASY]や[FINALFANTASYRECORDKEEPER]など現在でも人気のアプリゲームを展開しています。

会員数 1,500万人
年齢層 20代~40代
登録方法 登録制
主な機能 年齢検索・地域検索・ミニメール・プロフ・日記・掲示板・アバター・ゲーム
公式サイト https://www.mbga.jp/

[モバゲータウン口コミ情報]

H.H(30代)H.H(30代)

昔一度登録していて放置気味だったのですが、転職がきっかけで時間に余裕ができ何気なく再開したモバゲータウン。最初はゲームなどをして遊んでいたのですが、ある日地元地域のコミュニティに入ってみると同世代の地域の男性とやり取りしているうちにSNSで個人的にメッセージがきました。

そこでやり取りをしているうちに彼に写メを交換しようと言われ自分の写メを見せるのは恥ずかしかったのですがちょっと彼の事を意識していたので勇気をだして交換したところ私好みのイケメンでした。そこで実際にデートなどを重ね今は一緒に暮らしています。本当にモバゲーを通して出会えてよかったです。

  1. ミントC!Jメール

ミントC!Jメール公式画像
[ミントC!Jメールが人気の理由]
出会いを目的としていSNSアプリとしては最長の30年以上の運営歴で会員数450万人を誇るミントC!グループが運営しているJメール。他のSNSアプリで出会えなかった人がこぞって出会いが見つかったとの口コミが多く初回登録無料ポイントがついていて大変ご利用しやすくなっております。出会いSNSアプリの中でもコンテンツが豊富で占いやゲーム・心理テストなど様々な形でユーザーと繋がることができます。また女性限定で体調管理ツールが使えるのが好評の理由といえます。

会員数 450万人
年齢層 20代~30代
登録方法 登録制
主な機能 ピュア掲示板・アダルト掲示板・プロフ検索・新人検索・日記・あしあと・エロ写メ・毎日ログインガチャ
公式サイト http://mintj.com/

[ミントC!Jメール口コミ情報]

F.A(30代)F.A(30代)

Jメールを時々利用しています。エロ写メコーナーや他のSNSには無いアダルト掲示板も閲覧することができとてもワクワクできます。返信率も他の出会いSNSより高く私的には一番ではないかと感じています。ガツガツすると失敗することに気づき気長に返信をまっていると不意にメッセージがきたりします。無料ポイント内でのやり取りでも十分にLINEやメアドを交換することも出来大変満足しています。

  1. ハンゲ.jp

    ハンゲ.jp

    韓国の「NHN PlayArt」が運営するオンラインゲームSNSです。日本では「NHNハンゲーム株式会社」が運営しています。会員数は3432万人でとても人気のあるオンラインゲーム系のSNSです。

    トランプや将棋・囲碁など定番のゲームからアクション・RPGまで、様々なゲームが無料で楽しめます。現在ではRPGに力を入れており大変盛り上がっております。

    またブログやサークルHGのような友達を作るコミュニティも存在していますので、ゲームの情報交換はもちろん、趣味の合う友達作りにも役立ちます。

  2. メルパラ

    メルパラ

    出会える系の恋愛コミュニティとして発展しているSNSです。17年の運営実績があり、会員数も累計150万人を突破。20代~40代までの男女が登録しているので、何でも話せるメル友作りや遊びや飲みに行ったりできる友達、同じ趣味を共有できる友達や彼氏・彼女を探している人など、様々な目的での出会いを応援しています。

    通常のプロフィール検索機能の他に、新人さん検索機能が「メルパラ」には搭載されていますので、フレッシュな出会いを見つける事が簡単にできます。

  3. LinkedIn

    LinkedIn

    2003年5月5日に正式にリリースが開始された、世界最大級のビジネス特化型SNSが「LinkedIn(リンクトイン)」です。世界15ヶ国、4.3億人以上のユーザーが登録しており、日本でも100万人を超えるユーザーが登録しています。

    「世界のプロフェッショナルをつなぎあわせ、生産性アップと成功をもたらすことをミッション」を掲げており、ビジネスの最新情報やアイデアなどの交換の場として非常に役立ちます。

    「つながり機能」がありますので、自分との共通点があるユーザーを見つけた場合の、関係作りに大変役立ち、ビジネスチャンスが広まります。

  4. zigsow

    zigsow

    「モノ」をテーマに人々が集まるSNSコミュニティーとして有名な「ZIGSOW(ジグソー)」。自分の身の回りにある「モチモノ」をテーマに話合うとても珍しいSNSです。

    紹介したい「モノ」のユニークな使い方や、「モノ」が一番魅力的に見える写真や動画をアップしたり、「モノ」がカタログだけでは伝わらないアイテムの魅力などのレビューを書くことであなたを表現するツールになります。

    また「ZIGSOW」では、「ZIGSOW PREMIUM REVIEW」を実施しており、メーカーより提供されるアイテムを利用し、皆の参考になるレビューを公開することができます。「オフィシャルユーザー」に昇格することで他の人とは違った様々な機能を使えるようになるので、是非「オフィシャルユーザー」を目指して頑張りましょう。

  5. zuccii

    zuccii

    位置情報(GPS)機能を使って周囲の人達と交流がもてると人気のGPSNS「zuccii(ズッチ)」。コミュニケーション機能とゲーム的テイストを加えた新しいSNSとなっており、よくいくお店やスポットなどを投稿したり、近くの友達やお店の情報も一目でわかります。

    お店のクーポンなどをその場で確認できる機能や、新しいお店やスポットを開拓する事により獲得できる「リーダーバッジ」などを集めて、楽しむことができます。利用すればするほど、バッチBOOKSが溜まっていくので、是非全種類のバッチ獲得を目指してください。

  6. そーしゃるぱーく

    そーしゃるぱーく

    2006年9月にオープンして11年以上の運営実績がある無料SNSレンタルサービス「そーしゃるぱーく」。なんとSNS業界でも珍しい、開設から運営まで自分がSNSの管理人になれるという、とても画期的なサービスを提供しています。

    自分好みにカスタマイズが可能で、理想のSNSを作る事ができます。また人気がでて、メンバーが集まったら広告収入を得ることも可能なので、友達と専用のSNSを作りたい人やお小遣い稼ぎがしたい人など、様々な目的で利用することができます。